アライアンスを知ろう

「連合・連携」という意味を持つアライアンス。航空会社にもこのアライアンスがあり、加盟している航空会社それぞれが独自のマイレージプログラムを持っています。同アライアンス内であれば、そのうちの一社のマイレージプログラムに登録すると、他社の路線を利用したとしてもマイルが積算され、特典航空券等の特典も利用できます(マイルの相互移行はできません)。

アライアンスは代表的なもので3つあります。
    アライアンス

    アライアンス

例えば、ANAのマイルを貯めている人であれば、ユナイテッド航空に乗ってもANAのマイルを貯めれれます。また、ANAのマイルをユナイテッド航空の特典航空券に交換することもできるのです。外資系航空会社のマイルを貯めて、ANAの特典航空券を予約する、と言う事ももちろん可能です。

では、ANAやJALのマイルを直接貯めずに、外資系航空会社のマイルを貯めるメリットは何でしょうか?

メリット1:マイルの有効期限は実質無期限!

スターアライアンスに加盟しているユナイテッド航空は「マイレージプラス」というマイレージプログラムとなります。また、ワンワールドに加盟しているアメリカン航空は「AAdvantage」というマイレージプログラムです。

この2社のマイル有効期限はマイル付与から18ヶ月。ANAやJALの有効期限は3年ということを考えると、非常に短い設定となっています。しかし、ANAやJALと違い、マイルの有効期限内に1マイルでも積算があれば全てのマイルの有効期限はそこから18ヶ月延長されます。1年に1回でも搭乗すれば実質無期限となるのです。

そんなに飛行機に乗らないよと思われた方、大丈夫。提携クレジットカードを申し込み、そのカードを毎月使っているだけでマイルの積算がありますので、無期限マイルになるのです。

また、スカイチームに加盟しているデルタ航空の「スカイマイル」の有効期限は完全無期限です。外資系航空会社のマイルを貯めるメリットはじっくり貯められるというのが最大の魅力です。

その他の特典や注意点など、続きは次のページで>>>