スマートフォンの迷惑メール設定を確認

スマートフォンでは「LINE」などのメッセンジャーアプリが人気を博していることから、スマートフォンを購入して以降、フィーチャーフォンで頻繁に利用していた「iモードメール」などのEメールサービス(キャリアEメール)を使う機会が減ったという人もいるようです。

ですが現在もなお日本ではフィーチャーフォンが主流を占めていますし、スマートフォンであってもフィーチャーフォン利用者とのコミュニケーションにLINEを使うのは難しいので、キャリアEメールがまだまだ重要なコミュニケーションツールとして使われているのも確かです。
スマートフォン迷惑メール対策

キャリアEメールはスマートフォンでも重要なコミュニケーション手段の1つ。写真はauの「Eメール」。

ですが、端末とEメールの機能が一体化していたフィーチャーフォンとは異なり、スマートフォンではキャリアEメールがアプリの1つとして提供されています。そのため各種設定の仕方が大きく変化し、分かりにくくなっているのもまた事実です。

中でも“迷惑メール対策”は、一度設定したらおしまいではなく、新たな迷惑メールを追加する度に設定の変更が必要になるものです。しかもキャリア各社はここ1~2年の間に、迷惑メールを自動的に判別して規制する便利な機能を提供開始しているのですが、早いうちにスマートフォンに移行した人はこの設定がオンになっておらず、改めて設定が必要なケースが少なくありません。

そこでここでは、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの主要3キャリアにおいて、スマートフォンからキャリアEメールの迷惑メール対策設定をする方法を説明しましょう。

次は、NTTドコモの迷惑メール設定について説明します。