顔写真がメインなら「クリスマスPho.toフレーム」


こちらは主に人物、顔写真用のフレームをメインにしたアプリです。作成は、カメラを起動して、過去にとった写真からのどちらからでも可能です。フレーム数は54種類。

クリスマスPho.toフレーム

顔を飾るフレームがこんなに。


クリスマスPho.toフレーム

カレンダーも作成できる。


■ダウンロードはこちら
クリスマスPho.toフレーム

VicMan LLC
価格:無料  平均評価:4.3(1,172 件)


撮影機能が充実した「クリスマスカメラ」

フレームの種類は11と多くはないですが、いろいろな写真で使いそうなフレームが中心です。撮影中にフラッシュのオンオフも切り替えられますが、過去に撮影した写真にフレームを付ける機能はありません。

クリスマスカメラ

シンプルで使いやすいフレームが中心。左下のボタンで、ズームイン・アウトすることもできる。


■ダウンロードはこちら
クリスマスカメラ

addquick
価格:無料  平均評価:5.0(7 件)

次のページでは、「Make Me Santa」と「萌サンタカメラ」について説明します。