アルフレックスのロングセラーソファ
「マレンコ」

「アルフレックスといえば」とぱっと思い浮かべるソファはいくつかありますが、「マレンコ」はその最たるものでしょう。このマレンコが発表されたのは、1971年。実に40年以上も前のデザインですが、今もファンが多いソファです。

ソファ

アルフレックスの代表的なソファ「マレンコ」。半世紀近く前のデザインですが、今でも新鮮さ があります。カバーリングや連結システムなど改良を重ねています。(画像:アルフレックス)

デザイナーのマリオ・マレンコが一瞬のうちに描いたスケッチから生まれたといわれ、クッションか座布団を重ねたかのような、コロンとしたフォルムが印象的です。シンプルなデザインなので、和のインテリアでも、モダンなインテリアでもすんなりと馴染みます。

アームレス、片アーム、両アームにオットマンが揃い、連結ができるので、レイアウトを変更することも可能。またカバーリングになっているのでメンテナンスにも対応しやすいソファです。

「マレンコ」
詳細はこちら

リーンロゼのロングセラーソファ
「TOGO(トーゴ)」

ソファ

フランスらしいエスプリのきいたデザインの「TOGO」パーツが豊富なので、複数の色を使って組み合わせを楽しんでもいいですね。キッズ用ソファもあり(画像:リーンロゼ)

このTOGOも今年で40周年を迎えます。高密度ウレタンフォームを組み合わせたベストセラーソファです。ツンと跳ね上がったコーナーのデザイン、キルティングのカバー、ボタン止めなど、ひと目みたら忘れられないデザイン。座面が背に向かって低くなり、奥行きもたっぷりなので一度座ってしまうと、立ち上がるのが億劫になるくらい、くつろげるソファです。

3人がけ、2人がけ、肘付きソファ、コーナー、1人がけ、パフとパーツも豊富で、軽くて移動も楽。シーンによって置き替えてはいかが。

「TOGO」
詳細はこちらで。

次ページは新しい座り方や張り地の楽しみかたをご提案するスタイリッシュなソファをご紹介します。
TIME&STYLE
フロアライフのためのソファ JAZZ
>>