表参道ヒルズ店のイメージ

表参道ヒルズ店のイメージ
 

エンターテイメント性溢れるチョコレートショップ

イスラエルで創業したMAX BRENNER (マックスブレナー)はニューヨークを始め世界40カ国に店舗を構えるチョコレートショップ。ニューヨーク店はオープンから7年経っても、未だに3時間待ちの大行列という、大変な人気の店です。東京ではいよいよ11月30日に表参道ヒルズ、12月20日に東京ソラマチと続けて2店舗オープンします。チョコレート工場をイメージした、テーマパークのような店舗になるそうで(内装デザインはトランジット!)、チョコレートデザートの楽しみ方はもちろん、インテリアからパッケージデザインに至るまで、エンターテイメント性をたっぷり盛り込んだワクワクするような要素がふんだんに散りばめられています。オープンまではまだ少し日にちがありますが、一足早く最新情報をお知らせします。

ボンボン(1個180円)。フレーバーは21種類展開の予定!

ボンボン(1個180円)。フレーバーは21種類展開の予定!


MAX BRENNERの思想を現す4つのイメージワードは、「チョコレートに国境も形式もない」「チョコレートを最高に楽しもう!」「チョコレートは心にも身体にもうれしいもの」「シンプルにチョコレートを愛して」というもの!!チョコレートを通して、子供のように自由な心で人生を存分に楽しもう!という熱い思いが込められた言葉の数々には、チョコレート好きなら誰でも思わず共感してしまいます。

ハグマグ(900円)

ハグマグ(900円)


チョコレートを楽しむためのオリジナル食器

楽しいチョコレートメニューの数々には興味が尽きませんが、さて、こちらはインテリアのサイトですので、メニューは他サイトにお任せして、ここのオリジナル食器に注目してみました。チョコレートを最大限に楽しみたいばかりに、特別なデザインの食器を作ってしまったのだからすごいです。まず紹介するのは「ハグマグ」。カカオ豆をイメージしたフォルムで、両手で包み込むようにして飲むことから、ほんわりと手が温まります。大切なものを両手でそっと抱えるような気持ち。日本のお抹茶のようでもありますね。注ぎ口の形が少しすぼまっており、こちらを自分に向けてホットチョコレートを飲むと、チョコレートの香りがふわりと広がって、まるでチョコレートに包み込まれるような気分でドリンクを楽しむことができるそうです。

アリスカップ(1,300円)

アリスカップ(1,300円)


次は「アリスカップ」。童話“不思議の国のアリス”をイメージしたカップです。アリスの物語の中で、「Drink me」と書かれたボトルの中身を飲むシーンがありますが、そこからインスピレーションを得たそう。これを飲んだら何が起るのかな?大きくなったり、小さくなったりするかしら?なんて可笑しな想像を巡らせながら、ちょっぴり不思議なファンタジーの世界を楽しんでみてもいいかもしれません。カップを上からまっすぐ見下ろすと、チェシャ猫が笑っているようなイメージでデザインされている、というのもささやかな遊び心です。

カンガルーカップ(1,300円)

カンガルーカップ(1,300円)


「カンガルーカップ」は名前もユニーク。カンガルーをイメージし、カップの縁にポケットのような仕組みが施されており、その縁に板チョコレートの欠片を並べます。カップにコーヒーを入れると、温まってきてチョコレートが溶け出し、少しずつチョコレート味が深くなる、というチョコレート好きのためのなかなかマニアックなカップ。オリジナルのスプーンも付いていて、かき混ぜやすく、また最後の一滴まで残さずチョコレートをいただけるようにデザインされています。

フォンデュタワー(1,600円)

フォンデュタワー(1,600円)


「フォンデュタワー」は3段構造になっている陶器のタワー。一番上にチョコレートを入れ、真ん中には水、一番下にキャンドルを灯します。真ん中が水というのがミソ。直に火が当たらずに湯煎されるため、チョコレートがぐつぐつ煮詰まらず、ちょうど良くゆっくり溶けた状態になってくれます。これ、本当に便利。チョコレートだけでなく、チーズフォンデュやバーニャカウダなどにも活用できそうです。

これらの食器は全て店舗で販売されるそうなので、お楽しみに。私が実物の使用を体験できたのはフォンデュタワーでしたが、チョコレートが最後まで煮詰まったり焦げ付いたりせずに、程よい温度でとろっとした状態だったのが良かったです。火で温められて、心地よいチョコレートアロマが辺りに広がっていました。小ぶりではあるので、二人くらいで使うのがちょうど良く感じました。

チョコレートシリンジ(500円)

チョコレートシリンジ(500円)


さて、オマケでこんな商品がありましたのでご紹介します。なんと注射器!!でも中身はチョコレート!!チョコレートシリンジは、実物見るとびっくりなんですが、結構大きいのです。普通の注射器の3、4倍くらいあるのではないでしょうか。テーブルの上にどんと乗ってるとインパクトあります。チョコレートの禁断症状が出たら、もうこれを打つしかありません、笑。チョコレート中毒の友達にプレゼントしたくなりますね。実用としては、チョコレートを細く絞り出せるのでホットケーキやアイスクリームのトッピングなどに使うと便利です。こういうユーモラスでチョコレート愛のある商品、もっとどんどん出して欲しいです。

日本初上陸を記念して、各店ではオープン初日限定で、来店した先着100名様にハグマグとオリジナルトートバッグのセットがプレゼントされるそうです。

MAX BRENNER CHOCOLATE BAR 表参道ヒルズ
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F
2013年11月30日(土)11:00~オープン
月~土 11:00~22:30(l.O 22:00) 日 11:00~21:30(L.O 21:00)

MAX BRENNER CHOCOLATE BAR東京ソラマチ
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン ソラマチ1F
2013年12月20日(金)10:00~オープン
10:00 ~22:00(L.O 21:30)

http://www.maxbrenner.co.jp




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。