車での移動が多い人にはうれしい優待銘柄

駐車場が無料となる株主優待

株主優待で駐車場代がタダになる!?

今から10月の株主優待を狙って投資するのであれば、どこがいいのでしょうか。

10月決算もしくは4月決算の企業自体があまり多くないため、株主優待目当てで投資を行うにはあまり面白くない時期かもしれません。そんな中でも、魅力ある株主優待を実施している企業があります。

今回は、車移動が多い人にオススメ、「駐車サービス券」がもらえる優待銘柄をご紹介しましょう。

駐車サービス券が100株でも2000円分贈呈される

駐車サービス券がもらえるのは、パーク24株式会社(4666・東証1部)。「タイムズ」と聞けばわかる人も多いでしょう。パーク24の株式を保有することで、全国のタイムズ駐車場にて利用できる駐車サービス券「タイムズチケット」がもらえるのです。

タイムズチケットは、時間貸駐車場「タイムズ」だけでなく、「タイムズ カー レンタル」でも利用できます。「タイムズ カー レンタル」は全国に約440店舗あるので、車を持っておらずレンタカーを利用する人にも便利です。

その他、タイムズチケットで「タイムズスパ・レスタ」を利用することも可能です。タイムズスパ・レスタは、東京・池袋のサンシャインシティ前にあるスパ(温浴)施設。「五感で四季を感じる」をコンセプトに、露天風呂をはじめボディケア、レストランなど充実した設備が揃っているとのこと。優待券でスパに行くのもよいでしょう。

■株主優待データ
権利確定月:10月末日
優待がもらえる株数:100株~
優待内容:以下の保有株数に応じて、タイムズチケット(駐車サービス券)を贈呈
・100株以上1000株未満 2000円分
・1000株以上5000株未満 5000円分
・5000株以上 1万円分

100株保有で配当金と優待あわせておよそ3%の利回りに!

株主優待以外にもチェックしたいのが、1株当たり配当金(予想)。今期予想では、1株当たり配当金は35円、つまり100株単位だと3500円です。100株保有の場合、タイムズチケット2000円分とあわせて5500円分を得られることになります。

10月10日の終値が1895円。単元株数が100株なので、最低でも18万9500円あれば購入できます。この金額で計算すれば、配当金と優待合計で2.9%の利回りに。悪くはない利回りといえるでしょう。

そして、企業業績は好調といえます。駐車場事業はもちろん、レンタカー事業においても会員数の増加、売上高の増加、営業損失の縮小が見て取れ、今後大きな収益源となる可能性が見込めます。

まだまだ先の話とはなりますが、今後東京五輪に向けて、都心部での工事車両の増加なども見込まれ、もしかすると駐車場ニーズも高まることになるかもしれません。そういった特需も加えれば、駐車場事業の発展は今後も続くでしょう。業績面からも買いたい企業といえます。

■株式データ (2013年10月10日終値基準)
株価:1895円
単元株数:100株
最低購入金額:18万9500円
1株当たり配当金(予想):35円
配当利回り(予想):1.85%
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。