Q:「中古物件を購入するときはリフォーム済みがいいのでしょうか?」
リフォーム済み物件
人気の「リフォーム済み」物件。でも「リフォーム済み」の言葉だけに釣られてはいけません。

中古物件を探しているのですが、業者から紹介してもらう物件の中に「リフォーム済み」というものがありますが、購入するときにはこの「リフォーム済み」物件の方がよいのでしょうか?

A:「リフォーム内容を書面などで確認して判断する方がよいでしょう」
『リフォーム済み=補修・補強が万全』という意味では必ずしもないので、リフォームした箇所の施工写真や図面などを提示してもらい、その物件の耐用年数や劣化状況などに相応しい施工内容であったかを検討すべきです。

すぐに入居できる「リフォーム済み」物件は人気が高い

新築の戸建あるいはマンションと比較して割安であり、立地環境や日当たりなどを実際に確認できる中古物件は、リフォームというものが一般化するにつれ注目度が高まっています。

特に最近では「リフォーム済み物件」が人気を集めています。自分でリフォーム業者と打ち合わせをしたり、見積りを取ったりする必要がない上、すぐにキレイな住まいに入居できることがその理由と言えます。

しかし「リフォーム済み」=「補強・補修が十分である」という訳ではありませんから、「リフォーム済み物件」という言葉だけでその物件に飛びついてしまうと、当初は予測していなかった補修工事が後になって必要になり、結局高い買い物になってしまうこともあるので注意が必要です。

では一体、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。次のページでは、リフォーム済み物件を検討する時にチェックしておきたいポイントについてご紹介します。