ハラハラドキドキ!臨場感のある高クオリティなアプリ 『Temple Run 2』

 

 

■アプリ名
Temple Run 2

■おすすめの理由/特徴など
アプリ名通り、モンスターや途中のトラップなどを避けてひたすら走りぬけるアクションゲームアプリです。

臨場感あるグラフィックで爽快感あり

このゲームの特徴の一つであるリアルなグラフィックですが、アプリ名の通り遺跡や彫刻像がモチーフとなっていてそこを走り抜けていきます。
途中にアップ/ダウンやジャンプ、綱渡り、左右への方向転換などありハラハラドキドキ感がたっぷり詰まっています。後ろからは巨大なモンスターが追いかけてきて、操作に失敗したりするとモンスターに食べられゲームオーバー。
どれだけ長く走り続けるかで獲得できるコインが大きく変わります。

操作は自分がするので、移動速度の調整やジャンプ、スライディングなど「テクニック」を要するため走り続けるためには何度かプレイしければなりません。これがまた、ハマる要素になり、ゲームにありがちな「運任せ」になるようながほぼないため、楽しめるゲームだと思います。
しかも無料なので一度プレイしてみてください。

■操作方法(簡単に)
  • 上にフリック:アップ、ジャンプ
  • 下にフリック:スライディング
  • 左右スワイプ:左方向で左折、右方向で右折
  • ティルト(端末を傾ける):左側傾けで左寄り、右側傾けで右寄りを走る
 

 

 

 

走行中に出てくるコインは重要

このゲームを攻略していく上で重要なのが、コース上に設置されているコインです。
コースの端や綱渡り時に設置されたコインをゲットすると、スコアアップにつながり、「アビリティ」強化にも使用できるだけでなく、コインの枚数に応じて「パワーメータ」がアップします。パワーメータがMAXになれば装備しているアイテムの特殊効果を一定時間持続できます。
黄色>赤色>青色の順で高得点コインほどメーターや取得総数が貯まりやすくなっています。

※ちなみに、「Temple Run」もあります。

■Temple Run 2

メーカー:Imangi Studios
価格:無料
GooglePlay公式サイト:play.google.com/store/apps/details

※データは記事公開時点のものです。

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。