金曜日に会うだけの愛人関係のヨリと真木

■作品名
姉の結婚

■作者
西炯子

■連載雑誌
月刊フラワーズ

■おすすめ理由
西炯子さんの作品は、ちょっと適齢期を過ぎた女の話が多いですが、
この作品も結婚できるかが気になります。

■あらすじ
40歳目前の岩谷 ヨリ、図書館勤務の独身。
いろんな人とつきあったけれどなかなか結婚に結びつかない。

ある日、真木という男の人と不倫関係になる。

行きずりの人のはずの真木は、
子供の頃からヨリが好きで、ヨリの面影を追い続けていた。
幼いころにヨリに助けられ、それからヨリが思い人になってたのだ。

都会でのすれ違い、偶然ヨリを見つけた真木は関係を迫り、ヨリは一度だけと思い許す。
だが、真木から昔から好きだったと告白を受け2人はつきあい出す。

金曜日に会うだけの愛人関係。

だんだんに愛は深くなり、
このままではいけないと、ヨリは真木との別れを決意する。


今現在は、別れたヨリと真木、
真木の妻、ヨリに言い寄る新たな男。

結婚というタイトルがついてるからには
誰かと誰かが結婚するんでしょうがその終着点が気になります。

結婚するよりも、それに至るまでのプロセスが大切、
大人の恋愛は複雑ですね。
離婚とか子供とか、親の事、家族の事。
手に入れれそうで手に入れにくいものほど中身がなくっちゃね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。