北海道から上京してきた美術大生の下宿生活

■作品名
前略・ミルクハウス

■作者名
川原由美子

■巻数
単行本:全10巻、文庫版:全6巻

■おすすめの理由
私が高校生のときにハマったマンガです。
フラワーコミックから出ていました。手放してしまったことを大後悔しています。

■あらすじ
主人公は北海道から上京してきた美術大生の松本芹香。
黒髪の和装美人、菊川涼音の住む瀟洒な洋館、ミルクハウスで下宿を始めることになる。
この涼音は実は男性!当時の少女マンガにしては斬新な設定に驚くとともに、かわいらしい女性っぽい涼音が時折見せる男らしさにキュンときたり。

涼音のいとこ、安原藤は芹香に片思い。鈍感な芹香は気づいてはくれないけど……。


この3人の恋愛からも目が離せない!
他にも、美人ジャズ歌手、大学教授などなど、魅力的な登場人物が出てきます。

絵が巻を追うごとに雰囲気が変化していくのも魅力的でした。
最終巻に近づくと、1巻とはだいぶ絵やタッチが変化していくのですが、
ふんわり優しいタッチのミルクハウスも好きでした。

脱線しますが、芹香(セリカ)を当時人気のあったスポーツカーにちなんで、涼音がからかう台詞が出てきたのも、懐かしいです。社会人になってから、車のセリカも大好きになりました。

装丁もかわいくて大好きで、1冊1冊が宝物のようなマンガでした。
手放してしまったのが、惜しまれてなりません。
もう絶版になってしまっているようです。

電子書籍なら入手できるようですのでご紹介しておきます。
時代は変わりましたね。

ebook japan
HP:www.ebookjapan.jp/ebj/title/4208.html



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。