持病を持つ天才と革命家でもある天才の運命は?

■作品名
変奏曲シリーズ
  • ヴィレンツ物語(『花とゆめ』1974年9月号)
  • 変奏曲 エドアルド・ソルティーを記述する試み
    (『別冊少女コミック』1976年3 - 5月号)
  • アンダルシア恋歌(マドリガル)(『月刊プリンセス』1976年8・9月号)
  • 皇帝円舞曲(『週刊少女コミック』1977年8・9号)
  • カノン(『グレープフルーツ』1982年7・8号、1985年20・24号) 
■作者
竹宮恵子

■おすすめ理由

クラッシックの世界、ヨーロッパ。
一連のシリーズは、エドナンが主人公であったり、ウォルフが主人公であったり、
アネットが主人公だったり、エドナンの息子ニーノ、それぞれの視点で物語は作られる。

■あらすじ
天才ヴォルフガング・リヒター(ウォルフ)は、
もう一人の天才エドアルド・ソルティ(エドナン)に出会う。
音楽を通じて惹かれあうエドナンとウォルフ。
天才と天才、2人の天才により素晴らしい音楽が生まれる。
その世界に狂喜するウィーンクラッシック界の人々。

クラッシック界の天才ピアニストのウォルフは申し分のないマナーと才能をもった人、
だが、持病がありいつ死ぬともしれない体だけに、行動を制約されて、管理されていた。
妹のアネットを溺愛している。

アネットはスペインの貧しい家で育つ。
両親が亡くなり、里子としていろんな家を転々として貧しい生活していたが、
ウォルフが探しだし迎えに来て、ウィーンで一緒に暮らすようになる。

二人の音楽家の理解者であり、援助者でもある評論家のボブ。

貴族の息子としては外れもののエドナンは、幼い頃ウォルフの演奏を聴いて立てないほどの衝撃を受け、彼のような音楽家になるため、オーストリアのヴィレンツ音楽院へ留学。

ウォルフのお坊ちゃま的な行動に反発しながらも、強烈に彼に惹かれていく。

しかしエドナンは革命家でもあり、反政府運動していて殺害されかけるが、
国を愛する気持ちは強く革命の闘士として、音楽を捨てスペインへ帰っていく。

ウォルフの理解者ローラ、エドナンの恋人アネット(ウォルフの妹)


さまざまな人々の愛と音楽。
音楽というものを通じた、それぞれの生き方。

やがてウォルフは、突然の死を迎える。
すべてに亘って、素晴らしい作品です。
ちょっと主人公(エドナン)がエキセントリックだったりしますが、
アネットと出会う、やがて恋するあたりは普通でいいです。
正統派音楽漫画



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。