厳しい練習を重ねる不屈の根性の主人公

■作品名
アタックNo.1 (1968~1970)

■作者名
浦野千賀子

巻数
全12巻

■おすすめの理由
この漫画によって少女達や女性達の間に一大バレーボールブームを巻き起こした「アタックNo.1」。

週間マーガレットで連載されていましたが、当時少女漫画のコミックスとしては、初の10巻を超える大作となりました。

さらにアニメ化や実写によるドラマも製作されました。

■あらすじ
鮎原こずえは、病の転地療養のために富士見学園に引越して来る。

病のためにストップしていたが、こずえは元の学校ではバレー部の名アタッカー。

ひょんなことから、富士見学園のバレー部と戦うことになり、知り合った落ちこぼれの不良達を率いてバレーの試合をする。

練習により病が快方にむかったこずえは、バレーに青春をかける決意をする……。


厳しい練習に耐えて、耐えて練習を重ねる頑張り屋のこずえに、これでもかと過酷な試練が起ります。

そんなこずえは人望があり、支えてくれる友人やコーチもいれば、こずえをいじめ抜くヒール役もいて、物語は劇的な展開をします。

あそこまではできない……と思いながらも、こずえの頑張りにはパワーを貰えます。

大人になってから読むと、純でまっすぐな青春、友情、戦い……、
そんな若さが懐かしく、まぶしく感じる作品です。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。