車で行くと苦労する時こそ、バイクの機動力を活かすとき

 

 

■スポット名
片貝まつりの四尺玉発射筒モニュメント

■おすすめの理由

片貝まつり(正式名称:浅原神社秋季例大祭奉納大煙火)は、柏崎、長岡と並び称される越後三大花火の一つです。正式名称の通り単なる花火大会では無く、神社の秋祭りに花火を奉納する厳粛な行事である事ですが、最大の特徴は世界最大の四尺玉と呼ばれる巨大花火が打ち上げられる事で知られます。

どちからと言うと通好みの大会ですし、毎年9月9日と10日の固定日開催(しかも雨天決行)なので、平日だと混雑も控え目なので、お勧めの花火大会ですが、一応著名な花火大会ですので、車で行くとそれなりに渋滞しますし、駐車場も早く行かないと苦労します。そんな時こそバイクの機動力が活かせますし、バイクなら駐車場所も全く苦労知らずです。県道10号バイパスの片側が無料駐車場になりますが、その周辺道路でも同様になっている場所が多く、バイクならいくらでも空きスペースを見つける事が出来ます。

無料観覧場所は片貝小学校グラウンドで、ここも平日なら数名のスペースを確保する事は容易と思われます。ただし、四尺玉は左の方で打ち上がるので、あまり左に場所を取り過ぎると見通しが悪くなるので注意が必要です。

 

 

市役所のサイトに二尺玉以上の打ち上げ日時が掲載されますが、四尺玉は毎年9月9日と10日の22時に日時固定で一発づつ打ち上げされます。二種類ありますが、二日目の「昇天銀竜黄金千輪二段咲き」の方がお勧めです。

片貝まつりの時期に行けなくても、片貝郵便局に隣接した場所に四尺玉発射筒のモニュメントがありますので、是非立ち寄りたいツーリングスポットです。


■片貝まつり
住所:新潟県小千谷市片貝町
電話:0258-83-3512(小千谷市役所商工観光課)
開催日:毎年9月9日~10日
開催時刻19:30~22:20
公式HP:katakaimachi-enkakyokai.info/

※データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。