魔女るるもと柴木が巻き起こすドタバタ劇

■作品名
まじもじるるも

■作者名
渡辺航

■巻数
全7巻

■おすすめの理由
魔界からかわいい魔女の女の子がやってきて、なんでも願いを聞いてくれる……
あなたは何を願うでしょうか?

「それじゃあ女子のパンティーが欲しい!」と言ってのけるのが、
柴木耕太、俗称ヘンタイシバキ。
女子を大好きな気持ちを素直に表現できる、類まれな愛すべきバカです。

「なんだ、そんなことか」と答えいともなげに女子のパンティを授与するような感じの、どこか抜けている魔女るるも。るるもは柴木と契約し、柴木の願いを魔法で叶える代わりに命を奪わないといけなくなります。

しかし優しさから命を取るのをやめたるるもは、魔女として追及され……
そんなるるもを助けたくて自分の命を削ってでもいろんな願いをしていく柴木。

徐々に仲良くなっていく優しい二人が魔法とエロとで起こすドタバタ劇、
それが渡辺航先生独特のタッチの柔らかいファンタジックな世界で起こります。

月刊誌で連載されていたので1話1話に十分ボリュームがあり、
笑いとエロはもちろん、たまに感動でうるうるさせられる最高のエンターテイメント作品です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。