通信教育の選び方
めざせる資格ラインナップは増え続けています
「資格を取りたいけれどスクールに通う時間がない」とか「自分のペースで資格取得の勉強をしたい」といったとき、通信教育を考えてみて。独学でも、と思うかもしれません。けれど初めてその資格取得を考えているなら、何をどのように勉強してどんな対策が有効なのか、全く見当がつきませんよね。そのために書店で本を集めたりネットで情報収集してと繰り返していると時間がかかります。また知らずに古い情報のまま勉強して合格できなかった、という失敗の可能性も。

通信教育なら、目的とする資格と、現在の自分のレベル、例えば初心者レベルか経験者レベルかなどに応じて必要な教材が一括で設定されています。試験制度の変更があったなど最新情報も対応してもらえます。また疑問点があったとき、質問に答えてくれるシステムがあるから、心強いですね。

では、通信教育でどんな資格をめざせるのでしょうか?とくに未経験からめざせる資格を分野別にピックアップします。ただし、中には受験するには学歴など条件があるものも。受講前に確認を!

<ビジネス>

簿記検定、販売士検定、秘書検定、行政書士、司法書士、社会保険労務士、証券外務員二種、宅地建物取引主任者、中小企業診断士、土地家屋調査士、税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナー(AFP・FP技能検定2級)、測量士補、マンション管理士、管理業務主任者、気象予報士、旅行管理者(国内、総合)、貿易実務、インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター検定、色彩検定、パーソナルカラー検定

<語学・教育>

TOEIC(R)、英検、小学校英語指導者、通訳案内士、翻訳技能検定、日本語教育能力検定試験、教員免許

<パソコン>

ITパスポート、P検、日商PC検定、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS,MCAS)、ウェブデザイン技能検定、DTP検定、CAD利用技術者、パソコン整備士

<フード・美容・健康>

料理検定、野菜ソムリエ、フードアナリスト、フードコーディネーター、スイーツディプロマ、きき酒師、焼酎アドバイザー、美容師、理容師、ネイリスト技能検定、健康管理士一般指導員、食育インストラクター、食生活アドバイザー、アロマテラピー検定、サプリメントアドバイザー

<医療・福祉>

保育士、登録販売者、医療事務、介護事務、調剤事務、歯科助手、サービス介助士、福祉住環境コーディネーター 、メンタルヘルス・マネジメント(R)検定

<フラワー・動物・環境>

FDA認定フラワーデコレーター、eco検定、愛玩動物飼養管理士

このように通信講座で目指せる資格はたくさんあります。最近ではDVDやインターネットを活用した講座で、より高度な試験内容の講座や料理など実習が含まれるものも家で学べるようになりました。またネイルやアロマの講座など実技試験に対応したキットが揃うものも。これからも、ますますラインナップも内容も充実しそうです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。