センターがおもしろいとゲームもワクワクする

BKも大きく分けて3つのポジションがあります。ひとつ目はスクラムハーフ(SH/9番)とスタンドオフ(SO/10番)で構成するハーフバック(HB)団です。

小さくて俊敏な選手が務めることの多いSHは、FWが密集戦で確保したボールを、優れたパス能力を生かしてBKに供給する存在です。一方SOは、SHからパスアウトされたボールを受け、パスやキック、ランなど状況に応じてプレーを選択します。攻める方向や攻め方を決めるポジションであるため、「司令塔」と表現されることもあり、この位置に登用される選手がゲームリーダーを務めることがよくあります。状況判断力に優れ、パスやキック、ランなど様々なスキルが求められるポジションです。

次に、グラウンドの中央でプレーするのが、センター・スリークウォーターバック(CTB/12、13番)です。CTBはBKの中でもっともコンタクト数が多いポジションになります。そのため大きな選手を起用するチームもあれば、体は小さくても突破するスキルの高い選手を起用するチームもあります。

CTBは体の大きさうんぬんより、常に周囲とコミュニケーションをとりながら動くことが求められ、FWのバックローとともにもっともチームの目指すスタイルが表れやすいポジションです。そのため、CTBにおもしろい選手がいるチームは、見ていてワクワクするチームといえます。

スピード自慢揃いのバックスリー。フルバックのゲームコントロール力にも注目

最後はウイング(WTB/11、14番)、フルバック(FB/15番)のバックスリーです。この3人はチームの中でもっとも足の速い選手であることが多く、たいていはグラウンドの端にいて、ボールを持って走ることを使命としています。ただ最近は、ここも3人のユニットとしてバランスを考えることが多く、ウイングのひとりはスピードのある人、もうひとりは力強い人を置く、というようなケースも増えています。

フルバック

フルバックは最後の砦。攻守に冷静さが求められる

FBはまさに最後の砦で、基本的にFBより後ろには選手がいません。ボールを後ろに逸らせば誰もカバーする選手はいませんし、ディフェンス時にタックルを外されればほぼトライされてしまします。ですからFBはもっとも冷静に試合を観察しながらプレーし、ゲームコントローラーであるSOに指示をしたり、FWを動かしたりする力が求められます。

サッカーのゴールキーパー同様、ボールを持ったりタックルしたりする回数は少ないのですが、ゲームに与える影響は非常に大きいポジションといえます。FBがプレー、精神両面で安定しているチームは、多くの場合パフォーマンスも安定しています。FBが声を出して指示をしている姿に注目すると、そのチームがきちんと機能できているかどうかがわかり、ラグビー観戦がさらに深みを増すと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。