創業以来伝統の味と手法を守り続けている駅弁の老舗

 

 

鎌倉や湘南方面の駅でよく目にする大船軒の「鯵の押寿し」。

崎陽軒のシウマイ弁当と並ぶ、神奈川県を代表するご当地駅弁のツートップです。

大船軒は、創業明治31年以来115年もの間に渡って、伝統の味と手法を守り続けている駅弁の老舗です。

鯵の押寿しは、小さいながらも脂のたっぷりと乗った鯵の切り身を酢で締めて、酢飯にのせたもの。

この鯵の切り身は1尾から2切れしか取れないもので、まろやかな味わいで、いくつでも食べることができる美味しさです。

 

 

創業当時、江ノ島近海では、湧くように鯵が収穫されたそうで、大船軒ではその中でも、身のしまった小鯵だけを贅沢に使用し、関東風に握り関西風に押して仕上げるというこの鯵の押し寿しを作り、多くの文人墨客にも愛されてきたそう。

そのままでも美味しいですし、付属のお醤油をお好みで付けてもOK。

駅で買って、冷えたビールとともに海岸に行って海を観ながら食べるのも美味しいですよ。

■大船軒 「鯵の押寿し」
住所:神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号(本社)
電話番号:0467-44-2005
定休日:無休
購入可能な場所:www.ofunaken.co.jp/page003.html
HP:www.ofunaken.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。