自分で何とかしようとせずメーカーや業者等に依頼する

ハードディスクが異音を出している、あるいは異常回転が続いているときは、HDDが「物理障害」を起こしている確率が極めて高いと考えられます。「物理障害」とは:HDD内部の部品が物理的に壊れてしまっている状態をいいます。
  • 異音を出している:カタカタ、カラコロ、カタンカタンという音です。多くの場合、磁気データを読み取る針が正常に動作しないことで起こります。
  • 異常回転:ブーンという異常音、回転と停止の繰り返し、全く回転しない等。これは磁気ディスクの回転部分(回転軸、モーター)が壊れてしまったことで起こります。
どちらの場合も一般の個人が修理するのは不可能ですし、また通電により症状が悪化していくため、この様な症状が表れた時点ですぐにシャットダウンし、PCのプラグを抜いて(バッテリーを外して)下さい。その後は電源を入れてはいけません。

そしてメーカーや購入店のサポートに連絡します。保証期間内なら無償で(可能な範囲で)データ救出、新品HDDと交換できる場合があります。保証期間外、自作PCのHDD、外付けやポータブルHDD等の場合は、復旧したいデータの重要度、予算に応じて、メーカー、ショップ、データ復旧業者に依頼します。

データ救出の費用は高額になる可能性があるので、1件だけでなくできればセカンド、サードオピニオンも求め納得いく形で依頼した方がいいです。

普段からこの様なトラブル時に頼れるような実績のある店を探しておいたり、データをこまめにバックアップしておくことが大切です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。