倉敷観光で外すことができないスポット

 

 

岡山県倉敷市は、瀬戸内海に面する山陽地域で人気の観光都市で、倉敷川を挟む美観地区が最も脚光を浴びています。でも、倉敷アイビースクエアも、倉敷の観光で外すことができないスポットと言って差し支えないでしょう。

倉敷アイビースクエアは、地理的にも美観地区から徒歩で数分のところに位置します。

所在地の歴史を紐解けば、江戸時代にまで遡ります。江戸の徳川幕府は、この地に代官所を置きました。その後、1889(明治22)年には、代官所の跡地に倉敷紡績の工場が建設されました。

イギリスの工場をモデルにした工場は、斬新で倉敷に暮らす人々に驚きの目で眺められました。工場の移転が、1973(昭和48)年には残された建築資材を最大限に活用して大規模リフォームが行われ、観光施設として再生されました。
 

 

 

 

赤レンガと蔦が特徴的な景観を作り上げています。レトロな雰囲気の中に、暖かさや落ち着きを感じさせてくれます。緑の色が鮮やかな蔦は、単なる飾りではなく、紡績工場であった当事、工場内部の温度調節のために植えられたものなのです。自然のエアコンが工場を取り巻いていたのです。

現在の敷地内には、ホテル、レストラン、多目的ホール、倉紡記念館、児島虎次郎記念館、オルゴール館などが設置されています。

■倉敷アイビースクエア
住所:岡山県倉敷市本町7-2
電話:086-422-0011
アクセス:www.ivysquare.co.jp/access.html
HP:www.ivysquare.co.jp/

■倉紡記念館
電話086-424-0517
料金:大人:350円、学生250円
営業時間:9:00~17:00

■児島虎次郎記念館
電話:086-422-0005(大原美術館)
大人:500円、学生300円
営業時間:9:00~17:00
定休日:毎週月曜日(祝日は開館)

■オルゴールミュゼメタセコイア
電話:086-427-3904
大人:500円、学生300円
営業時間:10:00~17:30
定休日:毎週火曜日

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。