関東大震災直後に建設された外国人住宅

ブラフ18番館undefined

ブラフ18番館 

ブラフ18番館は関東大震災の直後に、横浜市の山手町45番地に建てられた、木造2階建ての外国人住宅です。戦後は天主公教横浜地区の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として使用されていました。

1991(平成3)年、司祭館が新築された際に、横浜市が山手の「山手イタリア山庭園」の一角に、移築し復元しました。

undefined

 

白色の外壁に、緑色の窓枠や扉、そして赤色の屋根が、絶妙の色彩のハーモニーを奏で、特徴的な外観をもっています。おとぎ話に出てきそうな雰囲気を漂わせています。震災の経験から外壁は防災を考え、モルタルを吹き付けられています。

館内は、1、2階とも中廊下型の平面構成となっており、フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーとサンルームには、震災前の外国人住宅の特徴が残されています。

undefined

 

ゆったりとした食堂では、フランス料理でも味わいながら、ワイングラスを傾けたのでしょうか。居間の棚に並ぶ可愛い人形は、メルヘンの世界に誘っているようです。

■ブラフ18番館
住所:神奈川県横浜市中区山手町16
電話番号:045-662-6318
料金:無料
営業時間:<通常>9:30~17:00,<7・8月>9:30~18:00
定休日:毎月第2水曜日(祝日は開館し翌日休館),年末年始(12/29~1/3)
公式HP:http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Bluff/

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。