株主優待は株式投資の楽しみの一つ

まいど、相場の福の神こと藤本です。

株式投資には、二つの楽しみがあります。安く買って高く売り、その差額を儲ける売買益(キャピタルゲイン)と、株式を保有しているだけでもらえる配当と株主優待(インカムゲイン)です。この配当や株主優待は、ある特定の日(権利確定日といいます)に株式を保有していればもらえます。ほとんどの企業の場合、決算に合わせて配当や株主優待の権利確定日を設定しています。

7月の株主優待権利確定銘柄

7月に株主優待の権利確定日のある銘柄は非常に少なく、随時確定の銘柄を除くと18銘柄しかありません。下記がその一覧表です。
7月に株主優待の権利確定日がある銘柄リスト

7月に株主優待の権利確定日がある銘柄リスト(クリックで拡大)

その中で、藤本が気になる銘柄を順番にご紹介しようと思います。今回は、物置大手の稲葉製作所(3421・東証1部)です。

【3421】 稲葉製作所 (東証1部)

稲葉製作所undefinedHP

稲葉製作所HP

ご存知、「やっぱりイナバ 100人乗っても大丈夫!」で有名な物置のトップメーカー。本社は、東京都大田区矢口にあります。

実はあのCM、実際に100人乗っているそうです。販売代理店オーナーが販売成績順に前から乗っており、一番前に座っているのが、同社の稲葉社長です。

■株式データ
稲葉製作所undefinedHPより

稲葉製作所HPより

株価:1497円(6月25日終値)
単元株数:100株
予想PER(連):29.4
PBR(連):0.83倍
予想配当利回り:1.06%
時価総額:約268億円

■株主優待

権利確定日:1月、7月
優待がもらえる株数:100株以上
優待内容:
【1月31日現在の株主対象】
1000株以上=1000円相当のオリジナル図書カード
【7月31日現在の株主対象】
100株以上=2000円相当(地域特産品3品とオリジナル図書カードを含めた4品の中から1品選択)
1000株以上=3000円相当(地域特産品4品のうち1品選択)

■株価の推移

日足チャート(出典:Yahoo!ファイナンス)

日足チャート(出典:Yahoo!ファイナンス)

2月15日の安値1042円から5月15日高値1750円までは、押し目らしい押し目もなくきれいな右肩上がりの上昇トレンド。その後は大きく調整し、6月7日安値1127円まで急降下しました。その後はリバウンド相場となっています。

■注目ポイント

注目ポイントとしては、「防災倉庫」があげられます。一昨年の大震災以降、防災意識が高まっており、国や県・自治体・町内会などが様々な物資を保管する防災倉庫を設置・管理することが多くなっています。「100人乗っても大丈夫」なくらいの頑丈な物置は、防災倉庫としても人気のようです。

災害時に食料備蓄用に需要など新たな需要を開拓、成長性の乏しいと思われがちの物置で、大きく売り上げを伸ばしており業績は非常に堅調です。有利子負債がゼロと好財務内容である点も、個人投資家にとっては安心して投資できます。

株主優待の権利がある7月に高値をつける傾向があるので、早めに買って株主優待狙いの買いで上がったところで売却するか、権利落ち後の反落局面の安値を拾うのがよさそうです。

【関連記事をチェック!】

7月権利確定のオススメ優待銘柄「タカショー」
2013年7月権利確定の株式優待配当利回りランキング

*投資判断の参考にするための情報提供を目的に作成されたもので、投資の勧誘ないし特定の銘柄を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
*藤本が個人的な考えを掲載したものであり、藤本が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。