実はマイナーな「クロス円」取引

「ドルストレート」と「クロス円」。この言葉を聞いたことがある方は多いでしょうが、両者の違い、みなさんはご存じでしょうか。

「ドルストレート」というのは、米ドル/円、米ドル/豪ドル、ユーロ/米ドルというように、取引の一方が米ドルである通貨ペアのことです。米ドルは「基軸通貨」といわれるように、外国為替市場において取引の中心となる通貨です。したがって、外国為替市場で取引されている通貨ペアの大半は、ドルストレートです。

一方、私たち日本人は、常に「円」という通貨を用いて生活をしています。そのため、通貨ペアを考える際にも、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円というように、つい対円を中心にしてしまいがちです。しかし外国為替市場では、米ドル/円のようなドルストレートは頻繁に取引されているものの、たとえば豪ドル/円というような通貨ペアの取引量は、非常に少ないのが現実です。

それでは、どうして豪ドル/円のような通貨ペアが、FXで頻繁に取引できるのでしょうか。

確かに、「豪ドルを売って円を買う」、あるいは「円を売って豪ドルを買う」という取引は、ほとんど行われていないのが現実です。そこで、実際に豪ドルと円の取引を行う場合、たとえば「豪ドル売り、円買い」であれば、次のような取引を組み合わせます。
  • 豪ドル売り/米ドル買い
  • 米ドル売り/円買い
上記2つの取引を同時に執行すれば、米ドル買いと米ドル売りが相殺され、結果的に「豪ドル売り/円買い」のポジションをつくることができるのです。

このように、ドルストレート以外の通貨ペアの取引は、米ドルを介した2つの取引の掛け算で行われることから、「クロス取引」などと称されます。特に、円に対する通貨が米ドル以外の場合を「クロス円」と呼んでいます。

他通貨ペアの関係も同時にチェックする

「豪ドル買い/円売り」のポジションを持っているとします。当然、豪ドルに上がってもらいたいと思うでしょう。この時、大事なのが、豪ドル/円以外の通貨ペアの動きにも注目するということです。

たとえば、円安・豪ドル高であるにも関わらず、米ドル高・豪ドル安、あるはユーロ高・豪ドル安になっていたとしたら、どうでしょうか。あるいは、対円で豪ドルがどんどん上昇しているにも関わらず、対米ドルや対ユーロで、ほとんど豪ドルが上昇していないとしたら?

このような時は、真っ先に円安・豪ドル高という現在の状況を、疑ってかかるべきでしょう。豪ドルが対円でのみ買われ、他の通貨に対して売られているとしたら、いずれ対円でも売られる恐れがあると考えるのが自然です。

どうしても対円の通貨ペアの動きばかりを気にしてしまう傾向が、私たち日本人にはありますが、外国為替市場で対円の取引は決してメジャーではありません。むしろ対米ドル、対ユーロが中心なので、特にクロス円通貨の値動きを見る場合は、同時にドルストレート、ユーロストレートの値動きにも注意するようにして下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。