迫力満点のクジラの姿を満喫!

 

 

■体験プログラムの名称:ホエールウォッチング

小笠原近海には、色々な種類のクジラがやってきます。そのクジラたちをホエールウォッチングボートに乗って海上から見るという、小笠原の豊かな自然を体験するプログラムです。

美しい海を巨大なクジラがゆったりと泳いでいるのを見るだけでも楽しいですが、それだけではありません。

水面に上がってきて呼吸をするクジラの呼気が、白く霧状に見える「ブロー」や、水面から勢いよく飛び出したかと思うと、体をよじらせながら轟音と豪快な水しぶきとともに海面へ落下する「ブリーチ(ジャンプ)」など、迫力満点のクジラの姿を満喫できます。

見るだけではなく、ザトウクジラの歌を聞けることもあります。広大な海の中でクジラの歌を聞くのは、とても神秘的な体験。運良くすぐ近くをクジラが通れば、なんと船底を通してクジラの歌が聞こえることも。ウォッチングボートの水中マイクを通して聞けることもあります。

なお、ホエールウォッチングのベストシーズンは、2月から4月。この期間なら、かなりの確率でクジラの姿を目にすることができますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。