収益物件からの収益

未分割期間の収益はどのように分けるか?

未分割期間の収益はどのように分けるか?

相続財産が収益物件の場合には、相続開始時から遺産分割までに得られる収益の分け方には、次の2つがあります。

1. 収益物件の取得者が取得する
遺産分割は、相続開始の時に遡って適用されます。つまり、遺産分割で取得者が決まると、その取得者が相続開始時から所有しているとして扱われます。さらに、相続人全員の合意を得て、収益物件の取得者がその収益も取得します。この場合、管理費用は、取得者が負担します。

合意が得られない場合には、下記2へ

2. 相続分で分ける
最高裁の判例では、相続開始から遺産分割確定までの賃料・費用は、各相続人が相続分により取得・負担するものとされました。収益物件の取得者は、分割確定後から単独で収益が受けられます。


遺産分割は、相続人全員の合意があれば、どのような基準で行っても構いません。しかし、ある程度公平性が要求される場合には、相続人全員が納得いく基準を定めて行う必要があります。簡易な時価の算出方法は、1つの考え方なので、その相続にあったものに修正することもできます。1つの不動産評価の方法として参考にしていただければ幸いです。


【関連記事】
代襲相続とは?その仕組みを解説
相続税がかからない財産(相続税の非課税財産)


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。