ビーズアートジャパン大賞 2013


「ビーズアートジャパン大賞 2013」の作品募集が始まった。
応募受け付けは5月30日まで。

今回の公募作品テーマは「 ニューヨークをイメージした女性が身につけて美しいコスチュームジュエリー 」。

アート作品ではなく、身につけられるコスチュームジュエリー。

ビーズアートジャパン大賞2013

ビーズアートジャパン大賞2013



立体アート作品については、トーホーが同時に開催している「ビーズビエンナーレ2013」へ応募すること。


【募集要項】
◆応募資格:不問(プロ、アマを問わない)。
ただし、作品返却先が日本国内であること、または代理人が日本国内在住であることが条件。
◆応募点数:何点でも可能。
◆応募作品:オリジナルデザインであり、制作物であること。
芸術性が最も重視される評価ではなく、コスチュームジュエリーとして使用できること。
主にビーズの穴に糸、テグス、ワイヤーなどが通っている作品。
◆材料:ビーズ全般(ガラス、樹脂、メタル製、その他)、天然石、アーティフィシャルフラワー、ジュエルパテ、ポリマークレイ、銀素材のビーズやパーツなどを使用すること。
和の素材、毛糸、糸などの異素材の組み合わせも可。
コスチュームジュエリーでは、高価な宝石は使用しない。
◆作品:縦50cm、横30~35cm、奥行15cmの空間内に展示できる大きさ。
◆アイテム:身につけることができるネックレス、リング、イヤリング、コサージュ、ブレスレットなど。

◆審査料及び送料1次審査 
写真審査料=作品1点または1セットにつき1,000円(税込)。
本審査料=作品1点または1セットにつき13,000円(税込)。作品返送費含む。
ただし、楽習フォーラム会員は10,000円(本部事務局が3,000円を負担)。

1次審査の応募方法 指定応募用紙に必要事項を記入。
作品写真を応募用紙の裏面に貼付して郵送。写真は複数でも可

◆結果発表と本審査
1次審査の結果
6月14日に楽習フォーラムホームページ内「ビーズアートジャパン大賞」コーナーで発表。

1次通過作品
2013年6月24日必着で「ビーズアートジャパン大賞実行委員会」宛に宅配便で送付。

◆賞(予定)
・大賞/文部科学大臣賞1点。
・金賞/日本生涯学習協議会会長・桂由美賞1点
・銀賞/生涯学習認定機構会長賞1点
・銅賞=日本シードビーズ協会 会長賞1点
・審査員奨励賞10点前後
・佳作と入選

◆審査員
桂由美 (ファッションデザイナー、ユミカツラインターナショナル社長)
水野久美子 (メイキングディレクター)
渡辺マリ (コスチュームジュエリー研究家)ほか

◆作品展示
7月19日~9月30日「ガラスの里」(広島市)
共催の「ビーズビエンナーレ2013」特別展示会場と同じ会場を予定

大賞作品のニューヨークギャラリーへの展示日は後日発表

主催/ビーズアートジャパン大賞実行委員会(桂由美委員長)
共催/日本シードビーズ協会
後援 /日本生涯学習協議会(所管内閣府)、一般社団法人生涯学習認定機構、
協賛/クロバー、GJH チェコビーズ、デコレ& カンパニー(DeCoRe’ &Co.)、 トーホー、BLONDIE&CO.、ジョナサン、東京交易、シスク、その他。
協力/相田化学工業、コロネット、パッチワーク通信社、ブティック社、ユミカツラインターナショナル。

※作品募集は2013年5月30日(木)必着分まで。

【情報提供元】
洋装産業新聞社

応募に関する詳細はこちらをご覧下さい。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。