世界文化遺産にも登録された朝鮮王朝建築の最高峰

 

 

1997年にユネスコ世界文化遺産として登録された朝鮮後期の水原華城。ソウル郊外の水原は、街全体が城壁に囲まれている歴史を感じさせる人気のスポットです。ソウル市街から南へ40キロという距離も手軽です。

undefined

 

その昔、遷都が計画されていた水原。国王の病死によりその計画が中止となり、莫大な費用を投じて1796年に完成した城郭、華城を残したまま、水原は幻の首都となってしまいました。


undefined

 

水原華城の周囲は5.7キロメートル。水原華城の丘の上から街全体がぐるりと見渡せます。東の蒼龍門、西の華西門、南の八達門、北の長安門と四方に4つの城門があり、様々な歴史的建築物が点在しています。城郭内の華城行宮は『宮廷女官チャングムの誓い』の撮影にも使われました。

水原へは電車で一時間ほどで行くことができますが、水原華城は水原駅から2キロほど離れています。現地で路線バスかタクシーを利用することになるので、どうせならソウルからツアーに参加し、効率よく見学するのがおすすめです。

半日プランの「世界遺産水原華城午前観光ツアー」は、仁寺洞(インサドン)で解散ということもあり、その後の予定が立てやすくおすすめです。

<DATA>
ツアー名:世界遺産「水原華城」午前観光ツアー
主催旅行社:ソウルツアー
料金:大人1名110000ウォン/大人2名以上申し込みの場合、大人1名55000ウォン
開催曜日:毎日
所要時間:8:00~13:00
出発場所:ホテルピックアップ、仁寺洞にて解散
URL:http://www.alan1.net/jp/asia/korea/sg/2414/ag/11148/
備考:日本語ガイド付き。入場料は料金に含む

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。