p0

今回新たにオープンした、“見て、聞いて、触って、においも寒さも体感しながら楽しめる”【新・体感エリア】。春休みを前に、海遊館の人気スポットになること間違いなさそうです。

世界最大級の水族館「海遊館」。大阪を代表する人気観光スポットで、館内では太平洋を取り囲む自然環境を再現しており、人気の高いジンベイザメやイトマキエイをはじめ、580種・3万点にものぼる生き物が飼育・展示されています。

その海遊館で、1990年の開館以来となる大規模なリニューアルが行われました。生き物たちとの距離を極限まで近付けた、“見て、聞いて、触って、においも寒さも体感しながら楽しめる”、新しい体感型の展示【新・体感エリア】です。今回、この新・体感エリアを含む、海遊館の新たな見どころをご紹介します。

1990年の開館以来、最大規模のリニューアル

p1

目の前を泳ぐサメやエイなどに直接触ることができるタッチプール「モルディブ諸島」。国内最大級となる室内型のふれあい体験施設です。


今回、新たにオープンした新・体感エリアは、“水族館=見るだけ”という概念をくつがえす、アクリルパネルを極限まで減らすことで生き物との距離をギリギリまで近づけ、まさに見て、聞いて、ふれあって、体感しながら楽しめる展示になっています。

まず、国内最大級となる室内型のふれあい体験水槽「モルディブ諸島」。水量約16トン、外周約30mのタッチプールで、目の前を泳ぐサメやエイなど6種類約50匹の生き物たちに直接触れることができます。生き物への興味がより深く湧いてくるはずで、子どもたちの人気コーナーになりそうです。