デンマークの歴史と文化を網羅する魅力的な国立博物館

 

 

国立博物館は、コペンハーゲンのチボリ公園とスロッツホルメンの間に建つ、デンマーク最大のコレクションを誇る博物館です。ヴァイキング時代、中世~ルネッサンス時代、17世紀、現代デンマークの時代ごとに分類した展示室を備えています。

もともとは17世紀の裕福な商人の館であった建物を利用して、博物館としてオープンしました。館内には、古代から現代にいたるデンマークの歴史と文化が満載です。

古代デンマークのセクションの入口付近にある「太陽の馬車」は、紀元前12世紀、青銅器時代の遺物で、デンマークの歴史上最大の発掘品として賞讃されています。

ほかにも、ヴァイキング時代のルーン文字碑、エジプトやギリシャ文明の遺産のコレクション、デンマーク王室の貨幣やメダル、グリーンランドやアラスカのイヌイットに関する展示など、バラエティーに富んだ展示品が並んでいます。

館内にはカフェやショップがあり、膨大な展示品を見学する合間の休憩やお土産探しをすることができます。入館料は無料でありながら、デンマークの歴史と文化を網羅する魅力的な施設です。


■国立博物館
住所:Frederiksholms Kanal 12, 1220 KØbenhavn
TEL:33-134411
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
ホームページ:国立博物館

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。