本家本元ザッハトルテ 「カフェ・ザッハー」

カフェ・ザッハー

カフェ・ザッハー

日本でもお馴染みのザッハトルテ。ハプスブルク家御用達だったデメルが広めたので、デメルのお菓子という印象が強いと思いますが、オリジナルはこのザッハー。ホテル・ザッハーを開業したエドゥアルト・ザッハーの父フランツ・ザッハーが考案したので、彼の名字を取ってザッハトルテと呼ばれるようになったのです。

長らく門外不出だったザッハトルテのレシピですが、ザッハーが財政難に陥った際、資金援助をしたデメルにレシピが流れ、後に7年に及ぶ本家争いをしたのは有名な話。その結果、“オリジナル”を冠することが許されたのはザッハー。ウィーンではデメルのザッハトルテはちゃんと“デメルの”ザッハトルテと但し書きが付いています。

2つのザッハトルテの違いはザッハーのものはアプリコットジャムをスポンジ表面と間に挟むのに対し、デメルは表面にだけ塗るということと、チョコレートでコーティングされた上に施されるメタルの形(デメルは三角形でザッハーは円形)。

どちらも無糖のホイップクリームを添えて頂くのがウィーン流。

残念ながら、私はデメルではザッハトルテを食べなかったので味の違いを語ることはできないんですが、ザッハーのザッハトルテに関しては、ホイップクリームと一緒に頂いたことと、アプリコットジャムがチョコレートの濃厚さを上手く緩和して、思ったより軽い口当たりでとても美味しかったです。

ザッハトルテは3週間保存できるのでお土産にできますし、かなり送料がかかりますが、オンラインでウィーンから取り寄せることもできます。

■カフェ・ザッハー
・住所:Philharmonikerstraße 4, 1010 Wien
・電話:+43 (0)1 514 560
・営業時間:8:00~24:00 (L.O.23:30)
・定休日:無休
・アクセス:Karlplatz(U1・U2・U4)から徒歩5分
・URL:http://www.sacher.com/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。