ウィーン中央墓地で偉大な音楽家を偲ぶ

ウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)

ウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)

「ウィーン中央墓地」は、クラシック音楽好きな人だったら絶対にはずせないスポット。世界中のクラシック音楽ファンが献花に訪れる場所です。

モーツアルト記念碑とベートーベン・シューベルトのお墓が並び、そのすぐ側にはブラームスとシュトラウス親子も眠っているという豪華さ。まさに、音楽の都ならではの墓地です。

1874年に市内の5つの墓地を集めて造られたとても広い墓地で、著名な音楽家をはじめ、他にも有名な歌手や画家などのお墓も多数あります。お墓の数はなんと、約330000基!

メインエントランスである正門(Tor 2)から入ると墓地の案内図があり(公式ウェブサイトにも掲載されています)ます。ちなみにモーツァルト記念碑があるのは、「32A」区画。正門から墓地教会(Friedhofskirche)まで続く真っすぐな道の丁度真ん中くらいなので、容易に見つかります。

墓地の入場料は特になく、予約も必要ありません。ウィーン市内ですが郊外にあるので、お天気の良い日には散歩スポットとしてもおすすめです。車(タクシー)を乗り入れる場合には料金がかかりますが、2.20ユーロなので、効率良く墓地全体を巡りたいときにはタクシーで訪れるとよいでしょう。

■ウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)
・住所:Simmeringer Hauptstraße 234, 1110 Wien
・公式HP:http://www.friedhoefewien.at

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。