ナチュラルで優しい、ドイツ風のペルー料理
Granja Heidi

Granja Heidi

Granja Heidi

ペルーでいただく料理は、基本的にどの味付けも日本人の口に合う美味しいもの。郷土料理づくしで旅程を終えても問題ないほどです。が、たまには違うテイストの料理をと思った時にお勧めしたいのが、クスコにあるドイツ人オーナーのカフェレストラン「HEIDI(ハイジ)」です。

クスコで味わう、優しいドイツ料理

クスコの旧市街、有名な12角の石を右手に見ながら坂をのぼっていくと、可愛い牛の絵が描かれた看板が出てきます。入り口は1階ですが、お店は2階。階段を上り店内に入ると、手作りケーキが並んだショーケースがあり、すっきりとこじゃれた感じの内装は好感度・大です。

メニューにはなんと日本語版もあり、日本人客の多さを物語っています。クスコにはレストランが多く、日本人客も多いわけですが、そんな彼らの舌を納得させている店ということで、料理への期待も高まります。

野菜も乳製品も自家製のこだわり

まずドリンクをオーダー。自家製の乳製品を使ったオリジナルドリンクがとても優しい味わいで、一口で癒されます。お料理は、ペルーの伝統料理をベースに、創作性も加わったオリジナルの味わい。使用している野菜も自家製農園でとれたオーガニック野菜だそうで、とにかくナチュラル・ヘルシーが魅力なのです。

たとえばPapa a la Huancaína(パパ・ア・ラ・ワンカイナ)は、ほくほくのジャガイモにチーズソースをかけた一品。ペルーの郷土料理です。素材の新鮮さが際立ち、とても食べやすく美味しい料理です。

テイクアウトもおすすめのスイーツ類

デザートまでお腹に収まりそうにないほど食べてしまったので、ショーケースの自家製チョコケーキはテイクアウトとして購入。翌朝、ホテルでコーヒーとともにいただきましたが、濃厚なチョコ使いが大人の味わいで実に美味しいものでした。きっと日本にあっても流行るであろう、おすすめポイント満載のレストランでした。

■Granja Heidi
・住所:Cuesta San Blas 525, Cusco, Peru
・電話:(084) 23 8383
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。