山あいの穴場、フレンチテイストなペルー料理
Indio Feliz(インディオ・フェリース)

Indio Feliz(インディオ・フェリース)

Indio Feliz(インディオ・フェリース)

マチュピチュの遺跡を見学した多くの人は、遺跡入り口にある高級ホテルのレストランでビュッフェランチを取るようです。入場券とセットになっているケースも多いようで、そうなるとランチの選択肢は他にないのですが、もし自由にお店を選べるならば、混雑したホテルレストランは避けて、バスでアグアスカリエンテスの村まで下りましょう。

そこには魅力的なお店がたくさんあります。私が選んだのは、Indio Feliz(インディオ・フェリース)というフランス人オーナーのお店です。賑やかに彩られた入り口はとても可愛らしく、店内の壁にびっしりと貼られた名刺の数にも圧倒されます。

明るくカジュアルな雰囲気のお店ですが、出てくるお料理はとってもおしゃれなフレンチテイスト。四角い白皿に美しく盛り付けられた姿は、ここがペルーの山の中とは思えない洗練っぷりです。アンデスの食材をうまく取り入れつつ、味付けは繊細で丁寧なフレンチ風に仕上げてあります。本当に、とても美味しい!

デザートも地ビールも大満足の味

デザートにいただいたアップルタルトも、まるで都心のカフェで出てくるような風情で、味も確かな美味しさ。素朴な村のロケーションとのギャップがいい意味で面白く、ついつい、笑顔になってしまうレストランです。高山病が心配で控えていたアルコールですが、ここでついにクスコの地ビール、クスケーニャを1本だけ飲んでしまいました。スッキリした味わいは最高に美味しく、マチュピチュ歩きで疲れた体にグーっと効きました。高山病さえなければ、がぶがぶ飲みたい美味しいビールでした。

■Indio Feliz(インディオ・フェリース)
・住所:Calle Lloque Yupanqui Nº 103 Machu Picchu Pueblo, Cusco, Peru
・電話:51 (84) 211090
・公式サイト:http://www.indiofeliz.com/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。