2次相続も考慮

さらに配偶者の相続(2次相続)のときには、課税価格が2億5000万円で法定相続人が子2人になりますので、相続税は4000万円です。1次2次相続トータルで9850万円の相続税がかかることが分かります。
改正前 相続税額早見表-配偶者がいない場合(適用対象:平成26年12月31日までに発生した相続)

改正前 相続税額早見表-配偶者がいない場合(適用対象:平成26年12月31日までに発生した相続)

 

改正後の相続税

下図の相続税早見表(上段:配偶者がいる場合 下段:配偶者ガいない場合)は、相続税改正後のものです。前述と同様の課税価格が5億円で法定相続人が配偶者と子2人の場合には、相続税額は6555万円になります。さらに2次相続のときには、課税価格が2億5000万円で法定相続人が子2人で、相続税は4920万円です。相続税は、トータルで1億1475万円の相続税がかかることが分かります。現行に比べると1625万円(1億1475万円-9850万円)の増税です。
改正後 相続税額早見表-配偶者がいる場合(適用対象:平成27年1月1日以後に発生した相続)

改正後 相続税額早見表-配偶者がいる場合(適用対象:平成27年1月1日以後に発生した相続)

改正後 相続税額早見表-配偶者がいない場合(適用対象:平成27年1月1日以後に発生した相続)

改正後 相続税額早見表-配偶者がいない場合(適用対象:平成27年1月1日以後に発生した相続)



単純に比較すると、前述の通り1625万円の増税です。しかし、小規模宅地等の特例が拡大されていますので、そのことも考慮する必要があります。


【関連記事】
平成27年相続税改正 小規模宅地等の特例編
平成27年相続税改正 基礎控除・税率編
平成25年相続税改正 国外居住者・国外財産に課税
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。