買う立場になって、商品の詳細などを設定すれば出品がスムーズに

 

 

出品ですので物を売る側の立場になります。

基本的に必要なものは、
  • 売却する商品
  • 購入者し理解していただく商品の詳細、写真
  • 配送手段(落札者負担、出品者負担)
  • 配送料金
  • 売買が成立した場合の売却商品額を受け取るための口座
などが必要です。

では、YAHOOオークションで出品に何が必要なのか、これから紹介いたします。

【手順1】
YAHOO IDが必要になります(無料)。簡単な個人情報の入力手続きにて完了できます。

【手順2】
YAHOOオークションの入札(4999円まで)は、手順1のYAHOO IDだけで可能
ですが、出品に関してはプレミアム会員(入会月は解約しない限り無料。次月より有料399円/月が必要)に入会する必要があります。

【手順3】
本人確認にて事前準備します。

本人確認の方法は2種類あります。

1)郵送
指定配送業者の郵便物にて、出品者の確認を物理的に管理されます。郵便物が約7日前後で届き、郵便物に記載されている内容をWEBに登録して本人確認が完了します。

2)モバイル確認
携帯電話の電話番号を登録します。ショートメールサービス(SMS)にてリアルタイムに処理され出品が可能になります。

【手順4】
上記の事前準備が完了時点から、本題の出品が可能になります。出品に関しては、事前に出品物をオークションで検索するのも現状を把握できる材料になります。

あとは買う立場になって、
  • 商品の詳細
  • 写真
  • 落札開始金額
  • 支払方法(入金口座)
  • 配送料金、配送会社の提示
などを設定すれば、出品がスムーズに進みます。

入金してもらう個人の口座等を教えたくない場合は、YAHOOかんたん決済という仕組みがあります。YAHOOかんたん決済の事前準備を行い、出品時にお支払いは「YAHOOかんたん決済」対応と明記選択することで、落札者へ条件を事前に提示できます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。