信頼できる家庭医と受信医療機関を決めておく

いわゆる、渡り受診をせずに、多重受診をしない事です。風邪程度は家庭医、肺炎になりかけは総合病院、健康診断での精密検査の専門病院と云う様に症状に応じて受診医療機関を決めておく事です。もっとも、信頼のおける家庭医(かかりつけ医)であれば、近くの信頼出来る医療機関を紹介してもらえます。1~3日以内に症状が改善しない場合は、セカンドオピニオンとして適切な医療機関を紹介してもらいましょう。時期を失すると命を節約(縮める)事になります。それと、ジェネリック投薬にすると投薬料金がおよそ半額以下になります。大学病院での治験診療や特殊な投薬でも無い限り、殆どの症状に対応したジェネリック製薬が存在します。大学病院を含めて、セカンドオピニオンやジェネリック投薬を拒否する様な医療機関は、さっさと転院した方が賢明です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。