癒し効果たっぷりの奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

静かな森の中をゆったりと流れる清流とのほとりを散策できる、癒し効果たっぷりの奥入瀬渓流。この人気観光スポットを満喫するためには、いくつかのコツがあると地元の方から伺いました。

一つ目は、「必ず流れの下流から上流に向かって歩く」こと。

川は緩やかに傾斜しているので、下流から眺めれば水面に奥行きがでます。さらに流れによって生まれる水しぶきも堪能することができるようにもなるのだそうです。言われてみれば、ガイドブックやポスターなどに載っている写真はほとんどが下流から上流に向かって撮られたものですね。

二つ目は、「効率よくバスを使う」こと。

奥入瀬渓流は十和田湖畔子ノ口から焼山まで約14kmもあります。これをすべて歩こうとすると4時間近くかかってしまうでしょう。かといって車で進んでしまうと渓流の爽やかな空気を楽しむこともできず、滝などの名所があるところでは路上駐車の車が多く停めることも困難です。

ですので、十和田湖周辺で車を停め、バスを使って奥入瀬渓流ホテルまで行き、名所がある区間は徒歩で進み、それ以外のところはバスを使ってショートカットしながら十和田湖に向かう方法がおすすめ。渋滞などのイライラもなく、ゆっくりと散策することができるでしょう。

■奥入瀬渓流
・住所:青森県十和田市奥瀬字栃久保183
・電話:0176-51-6770 (観光商工部観光推進課観光事業係)
・URL:http://www.city.towada.lg.jp/docs/2012051600076/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。