コーヒープリンス1号店

 

 

 

 

 

 

結構王道なのでご存知の方も多いかと……。私も周りの韓流ドラマファンに「これは見ておけ!!」とゴリ押しされて、半ば無理矢理観たようなドラマだったりもします。

まだご存知じゃない方のために、ざっくり内容をご説明いたしますと。

男装した女の子ウンチャンが「コーヒープリンス」というイケメンしか雇わないというカフェで、「男の子」として家計を助けるために働き始めたことで巻き起こる、ちょっと複雑な恋愛ドラマなのであります。

オーナーのハンギョルは男であるはずのウンチャンのことがどうにも気になって、「自分はゲイなんだ。でもそれでもこの気持ちにはウソはつけない!」と悩みぬいたあげくに結論を出したのに……。

女子か!ゲイじゃなかった……。っていうクダリが見てて、「気づくの遅いわ!」って思ったりするけど、そこはご愛嬌。

あと主人公のウンチャン(女子)が、ホントになよっとした男子みたいで、言われなかったらホントに男の子かな?って思ってしまうほど、うまく「男の子」を演じています。しかし後半、恋をしてどんどん「女の子」としてかわいくなっていくのも、ドラマの見所かもしれません。

さらにドラマの舞台となったカフェ「コーヒープリンス1号店」もセットではなく、実際のカフェで撮影し、そのまま今も観光地として残っていて、ドラマのファンなら一度は訪れてみたい場所だったりします。弘大(ホンデ)という学生街の一角にてひっそりと営業中です。

さらにマニアックな方は、というか観光地としてもいいなと思ったのは、主人公のいとこハンソンさんの家! そのまま残っていて、ここも「サンモトゥンイ」というカフェとして営業中です。今でもちゃんと『チェ・ハンソン』の表札がかかってました。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。