シンプルだが奥深い『クリスタル・ディフェンダーズ』

チョコボ、ボムといったファイナルファンタジーでお馴染みのモンスターからクリスタルを守る目的のゲームが、この『クリスタル・ディフェンダーズ』です。おすすめの理由はシンプルなのに奥深い戦略システムです。

ファイナルファンタジーは人気のRPGですが、今作はタワーディフェンス・シミュレーションという少し変わったタイプです。マップ画面上の道を進んでくるモンスターの集団から、クリスタルを守るためにユニットを配置していきます。

モンスターにはHP、進行速度が設定されており、ユニットにもそれぞれ攻撃範囲と攻撃力があります。つまり、進んでくるモンスターの道沿いにユニットを配置して進行を阻止することが重要で、一度、配置したユニットは移動出来ないので、最初にどこへ、どのユニットを置くかが戦略の基本となります。

ユニットはファイナルファンタジーでお馴染みの人気ジョブ。ソルジャー、黒魔道士、弓使い、ホワイトモンク、時魔道士、シーフといった様々な種類があり、それぞれ攻撃力、攻撃範囲、攻撃時間、または召還コストが異なります。時魔道士のように、攻撃範囲内にはいったモンスターにスロウの魔法をかけて、進行速度を遅らせることもできます。

最初のステージは簡単なので、ユニットをモンスターの通り道に配置しておけばいいのですが、徐々に難しくなり、敵も強くなりますので、それだけではクリアすることは出来ません。

配置したユニットにコストを支払えば、レベルを上げることができます。レベルが上がればユニットは強くなるので頼りになりますが、配置した攻撃範囲内に敵が入らない限りは動けません。このようにユニットをいつレベルアップするかも大事な戦術要素となります。

他にもクリスタルを5個使って召還獣を召還することが出来ます。召還獣は強力なので、一発大逆転も可能です。召還獣にも様々な種類があり、効果も異なるので切り札をいつ使うかも重要です。

クリスタルを防衛するというシンプルな目的のゲームですが、その戦術要素は奥深く、タワーディフェンス系を初めて遊ぶ人にもおすすめです。

■商品情報
タイトル名:クリスタル・ディフェンダーズ
メーカー:スクウェア・エニックス
公式:http://www.crystaldefenders.jp/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。