カードによっての様々なサービス

海外旅行の際に使いやすいクレジットカードとは、買い物、保険、空港ラウンジ利用など、海外でカードをどのように使いたいかによって決まってくるかと思います。

最低2枚は持とう

買い物なら、VISA、MASTERの二つを持っていればほぼ世界中問題なく回れると思います。一方だけだと、都市によっては不安な状況が発生します。ブラジルのとある町のレンタカー利用においてはMASTERしか使えない、またはVISAしか使えない、ということが多々ありました。また、財布の盗難などもありますから、最低2枚はカードを持ちたいところです。

暗証番号に注意

買い物時の注意点は、暗証番号忘れです。日本ではまだサイン認証が多いですが、カード文化が進んだ国(意外にもブラジルなどもそうです)では、ICチップ入りカードが多く、この場合機械に通すと必ず暗証番号を問われます。日本だとサインに切り替えて処理してもらえます。が、海外ではとにかく暗証番号がなければカードが使えない!と言ったことが起こります。暗証番号に自信がない方は、海外に行く前にカード会社に確認しましょう。

米系エアラインカードは優秀

飛行機を利用していく海外です。せっかくですから、航空会社提携のマイレージカードを作ることをお勧めします。特にアメリカ系エアラインのカード。ANA、JALに比べマイルの有効期限が長く(もしくは無期限)、マイル付与率やボーナスマイルの量が多いのが、デルタ・スカイマイルや、ユナイテッドのマイレージプラスです。

保険は自動付帯、利用付帯?

海外旅行傷害保険の内容にも注目したいところ。これには実は2タイプあります。「自動付帯」が、カードを作った時点で自動的に旅行保険がつくもの。一方「利用付帯」は、旅行代金をそのクレジットカードを通じて決済した場合に、保険が有効となるというものです。ホテル代や航空運賃などが対象になりますが、会社によって規定が異なるので確認が必要です。

ラウンジを無料で

最後に、乗継時の心身の疲れを癒す偉大な存在、空港ラウンジの利用について。通常、航空会社の上得意様限定や、高額の利用料が必要なラウンジが使い放題になるカードがあるんです。例えば私は楽天プレミアムカードを作り、特典で「プライオリティ・パス」というラウンジ利用カードを作りました。これはかなりお得なサービスだと思います。
 

 


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。