年会費が高いカードは付帯サービスを活用できるかどうか

海外でクレジットカードを使うことのメリットは何でしょうか?
●現金のやり取りをする面倒がなくなる
●ステイタスの高いカードを持つと「信用度の高い人」と認められる
●海外でトラブルがあった場合、クレジットカードの付帯サービス(トラベルデスクや海外旅行保険など)が利用できる
●商品の盗難、破損などを補償してもらえる

「ダイナースクラブカード」と「アメリカンエキスプレスカード」は加入すると高い年会費を払わなければなりませんが、さまざまな付帯サービスが受けられます。このサービスを最大限活用することができれば、年会費分のメリットは十分受けられるでしょう。

ダイナースクラブカード

「ダイナース」には「食事をする人」という意味があります。1950年、ニューヨークで「ツケで食事ができるクラブ」として誕生したのがダイナースクラブ。現在は航空会社との提携カードも生まれています。

海外へ出かける場合には、空港ラウンジや空港までの送迎サービスが利用できること、旅行保険で最高1億円の保障が受けられること、海外トラベルデスクで観光案内からトラブル時の対応まで、様々な相談を受け付けてもらえることが、大きな特徴です。
カードを利用して買った商品が、破損、盗難、火災などの理由で被害を受けた場合、補償が受けられるショッピング・リカバリーというサービスもあります。

公式サイト
http://www.diners.co.jp/ja/index.html

アメリカンエキスプレス(アメックス)カード

アメリカンエキスプレスは、1850年に運送業者として誕生し、1891年にトラベラーズチェック事業を始めました。そのため、世界的には「トラベラーズチェック事業や旅行代理業を行っている企業」のイメージが強いです。

アメリカンエキスプレスカードの強みは「グローバル・ホットライン」に相談をした場合の対応が早いことです。海外旅行保険は最大で5000万円までの保障が受けられます。
また、カードを使って購入した商品が破損・盗難などの損害に遭った場合には「ショッピング・プロテクション」というサービスがあり、購入日から90日間、1人あたり年間で最高500万円までの補償が受けられます。

公式サイト
https://www.americanexpress.com/japan/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。