光、風、さわやかな空気を感じさせる空間 「軽井沢千住博美術館」

 

 

まるで森の中を歩いているかのような美術館で、ゆっくりとアート散策と洒落込むのはいかがでしょう。2011年に開館した「軽井沢千住博美術館」は、今までの閉じられた美術館とは一線を画した空間です。

エントランスをくぐり一歩足を踏み入れると、そこに広がっているのは仕切りのない開放的なワンルーム。曲面ガラスで仕切られた大小4つの中庭には軽井沢の自然があふれていて、自然の光をたっぷりと取り込めるようになっています。

なだらかに傾斜している床は、もともとの土地を活かして作られたのだそう。「どうぞ、ゆっくりしていってください」と言わんばかりに置かれた、長いソファに座って絵を眺めていると、あまりの心地良さに思わず時間を忘れてしまいそうです。

設計者は海外でも活躍している建築家ユニット「SANAA」の一人、西沢立衛氏。世界トップクラスの建築家が手がけた、自然と建物の見事な調和を味わえるのはここだけでしょう。

敷地内には「ブランジェ浅野屋」のパンを味わいながらゆっくりとくつろげるカフェや、デザイン雑貨やオリジナルアイテムが並ぶミュージアムショップも併設されているなど、心も頭をリラックスさせてくれる極上のスポットです。

■軽井沢千住博美術館
住所:長野県軽井沢町長倉塩沢815
電話:0267-46-6565
営業時間:9:30~17:00 ※9:30~18:00(7月~9月)
定休日:火曜定休(祝日の場合は開館)、7月~9月 無休、12月26日より2月末日は休館
URL:http://www.senju-museum.jp

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。