楽天Koboを買って

良いところ。

  • 1台で何冊分も保存できるので、かさばらない。
  • 電車などで移動中でも、その時の気分で本を読み分けられる。
  • 文字の大きさを変えられるので、老眼になりつつある私には嬉しい。
  • つり革持ちながら、片手でKoboを持ってページめくりもやりやすい。
  • 何パーセントまで読んでるかがわかる(フォントサイズによってページはかわるのでパーセント表記)。
  • ネット上にライブラリがあるので、万が一、Koboが壊れても本が消失
  • しない。(ネット上のライブラリが壊れないとは限らないけど)
  • 目次にリンクがある本の場合、目次から、そのページまでジャンプできる。
  • 目の疲れが心配だったがそれほど目が疲れない。
  • 紙じゃないので劣化しない。
  • 紙の色あせのようなことはない。
  • 辞書が内蔵されているので、わからない単語がその場で調べられる(全然使いこなしてないが)。
  • スリープモードにしていたら、すぐに読める。
  • 充電も、毎日1時間程度読んで、週に1度必要かどうか程度なので楽
  • 間違って、シワシワにしてしまったりってことがない。

悪いところ。

  • 全体をパラパラと見たいってことはできない。
  • 本の所有感がない。
  • 紙の本と違ってお金を出して本を買うのがもったいない気がする(これはわたし個人の感じ方の問題であろうと思います)。
  • まれにフリーズ(固まって応答なくなる)っぽくなる。
  • これを持って読んでるとイチビってるみたいに思われないか? という懸念が付きまとう。
  • 充電が必要なこと。
  • 本棚で背表紙を見て、本を探す・・・ってな感じの無目的に『どんな本持ってたっけ』とか、題名や作者も名を忘れたけど、題名の文字を見たら思い出せそう……というような探し方はできない。
  • 読書中に充電が切れることがある。続きが突然読めなくなるので。
3か月ほど使ってみた感想です。概ね、思ってた以上に読みやすく、大変便利だと感じています。なんと言ってもかさ張らない、何冊も持ち歩けるようなもんですし。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。