現金を動かして、カードの使いすぎ防止

ポイントが魅力的なので、日々の買い物にもクレジットカードを利用する人が増えていると思います。私もその1人です。
カード会社を1つにしぼって、公共料金から日用品まで全てをカードで支払います。
が、請求が来て驚くことも少なくないですよね。
「あら?こんなに使ったかな?」
「必要なものしか買っていないはずなんだけど・・・。」
という感じです。

それを防ぐために私がやっている方法を紹介します。
本当は、家計簿などでしっかり把握し、都度記録を残すのが良いのでしょうが、それは面倒。
なので私は、お財布に入っている金額以内の買い物をするように心がけています。
財布にお金がないのに買い物をしない。
使ったあとはその金額を、クレジットの引き落としの口座に入金します。
入金に行くのさえ面倒という人は、もう1つ専用のお財布を用意して、そこに入れていくだけでも良いと思います。
とにかくポイントは、現金を動かすことなんです。

そうするだけで、カード払いですが現金を使った感が生まれます。
それだけのことですが、お金を使っている意識を保つことが出来て使い過ぎを防ぐことが出来ます。


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。