アプリを使って家計にも時間にもゆとりを

家計簿アプリでは、「ココマネ」が断然オススメです。私は去年から使用しており、家計管理が楽になりました。また、子どもが小さいので「ネットバンキング」も欠かせないアプリです。時間に関係なく振込みができるので、子どもが小さい私も助かっています。

「ココマネ」アプリとは

「ココマネ」は、スマホ版の家計簿です。中身は本の家計簿と変わりませんが、次のような点が違います。

・固定費(家賃、返済、月謝など)を入力したら、ずっとそれを反映してくれます。
・臨時収入にも対応できます。例えば、ボーナスが7月と12月に支給される家庭はそれも選べますし、児童手当等の臨時手当も入力可能。もちろん、保険や幼稚園の制服代などの不定期な支出も「支出予算」として入力できます。

「ネットバンキング」アプリとは

スマホを使って「振込み」「残高照会」「出入金確認」などができます。
パソコン上または、ATMの横のDM封筒から「ネットバンキング」の申し込みができます。
申し込んで10日以内にもろもろの書類と「第2暗証番号」が記載されたものが届きます。この「第2暗証番号」は6桁あり、振り込む際に必要となります。

どうやって併用するの?

「ココマネ」では毎月の予算ももちろんのこと、来月再来月の予算も簡単に確認することができます。そのため、「来月はお金にゆとりがあるから、美容院は来月にまわそう」など計画をたてることができます。
また、クレジットカードも使った日ではなく、引き落としがかかる時を入力できるので、結局いつのお金が減るのかを忘れずに管理することにつながるのです。
私は、お給料日に日付が変わったらすぐに「ネットバンキング」から振込みをします。家賃もそうですし、別の銀行への振込みもOK。そしたら、その支払い記録をココマネに入力。その月、いくら自由になるのかを、お給料日が入った1時間後にはいつも把握できています。

お金の管理にどんな効果があるの?

1番の効果はお金に関する処理をまとめてバーっとできるので、あとは残ったお金でやりくりするだけという状況を作ることができるのも大きいと思います。また、記録として毎月のお金の出入りを残しておけるので、お金の使い方を振り返り、無駄に気づくことで赤字から脱出できるのではないでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。