忘れがちな家計簿も、その場ですぐにスマホで入力!

ノート式の家計簿で毎月の家計を管理するのは大変。買い物をしたレシートは捨てずにとっておく必要がありますし、何よりも家計簿のノートやペンを持ち歩くことはないので、家計簿をついつい付けるのを忘れてしまいがちです。買ってレシートもらったらすぐに金額入力できればこんなことにはならないのに……。そう思っていたとき、iPhoneのお勧めで偶然見つけたのがこの家計簿アプリ『かんたん家計簿iMoney Flow』(デザインアトム)でした。

アプリのお値段は85円。これから家計簿ノートを買わないで済むなら安いものです。早速ダウンロードして画面を見ると、収入、資産、支出先と非常にシンプルでわかりやすい画面構成になっています。

最初はどうやってお金を入力するのが手間取ったのですが、そんなことはないように初期設定からわかりやすく説明します。

■最初の使い方

まず、収入元の給与をタッチします。するとセットと赤文字がつくので、今度は資産に、銀行/りそなというアイコンがあるので、そこを一回タッチします。つまり、給与→銀行ということです。ここで今月分もらった給与の額を入力してください。後はわかれば簡単です。

例えば、光熱費なら銀行→光熱費という感じでタップしていけば、金額を入力する画面が出てきます。メモにはガス代や、水道代などを書いておくとわかりやすいです。買い物レシートの合計が5000円なら、銀行→食費順に押して、金額を5000と入力します。後は必要なアイコンを増やしておくといいです。私は税金、交通費などのアイコンを追加して使っています。

■無駄使いを判定

さらにユニークな機能なのが「無駄レベル」が選べるところです。自分でこの出費はどうだったかを考えてから入力して1ヶ月を回せば、無駄使いした金額の合計とグラフが確認できます。これなら無駄使いも減らし、お金を貯めることにも役立ちます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。