負担付贈与とは

負担付贈与の土地等の価額は時価!

負担付贈与の土地等の価額は時価!

負担付贈与とは、贈与を受ける人(受贈者)に一定の債務を負担させることを条件にした贈与のことです。個人からこの贈与を受けた場合には、「贈与財産の価額」から負担額を控除した価額が受贈者のメリットになるため、これに贈与税が課されます。

贈与財産の価額は、下記の通り財産ごとに評価方法が定められています。
  • 土地・借地権、家屋・構築物など……通常の取引価額(時価)
  • 上記以外の財産……相続税評価額
■事例■父が子に銀行借入3000万円を負担することを条件に、土地(時価5000万円)を贈与した場合
  • 子の贈与税の課税価格:2000万円=5000万円-3000万円
  • 子の贈与税額(暦年課税の場合):720万円=(2000万円-基礎控除110万円)×50%-控除額225万円
何の負担もなく土地を贈与する場合には、土地の価額は路線価による相続税評価になります。しかし、負担付贈与では、通常の取引価額(時価)になり、一般的に評価が高くなるので注意が必要です。
 

通常の取引価額(時価)とは

通常の取引価額(時価)とは、市場での売買価格です。これに相当する価格を算出するには下記の2つ方法があります。
  1. 不動産鑑定士による評価
  2. 公示地価ベースの評価=路線価評価×1.25倍

公示地価は評価地点が限られています。一方、路線価は道路1本1本に付されています。このことから土地の評価をする際には路線価から計算します。路線価は、公示地価の8割ですから、路線価を1.25倍ことで公示地価ベースの価格を求めることができます。

>>次のページでは、低額譲受による利益について解説します。