事業用財産

相続財産

相続財産に漏れがないか確認しましょう!

12.貸付金 □

13.未収家賃 □

14.機械設備・その他の減価償却資産 □

15.商品・製品・半製品・商品 □

16.売掛金・受取手形 □

17.立木 □

18.特許権・著作権 □
確定申告書・法人の決算申告書・帳簿類などから確認します。特許権・著作権については、名称・登録番号等を確認します。

債務

19.借入金 □

20.未払いの税金(住民税・固定資産税・事業税) □

21.未払医療費 □

22.預かり敷金 □

23.買掛金・支払手形 □

24.保証債務 □
現存する債務ではありませんが、手元にある契約書などから確認(相続税:債務控除不可)。

相続税申告が必要な人は

被相続人の遺産ではありませんが、相続税申告が必要な人は下記の財産も確認が必要です。

25.生命保険金 □

26.退職手当金 □

27.家族に掛けている生命保険 □

28.退職年金の受給権 □

29.葬儀費用 □

30.相続開始前3年以内の贈与・相続時精算課税贈与 □

相続財産は漏れなく

以上、相続財産にどのようなものがあるかをリストにまとめました。相続税申告をしない人には細かいと感じることもあるかと思います。遺産に漏れがあることを想定して、遺産分割協議書に、「本協議書に記載なき財産・債務については相続人○○がこれを取得・承継する」と記載する方法もありますが、極力漏れのないようにするのが基本です。


【関連記事】

気をつけよう! こんな遺産分割協議は「無効」に
遺言があっても遺産分割協議はできるのか?
遺言ってどんなときに必要?

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。