遺産分割協議を行なう際に大切なことは、遺産を漏れなく計上することです。漏れている遺産があった場合には、その財産の名義変更のために、他の相続人全員から再び印鑑をもらう必要がでてくることもあります。

また、相続税の申告が必要な人は、そうでない人よりも詳細なものが求められます。これらのことから漏れをなくすために、下記遺産チェックリトで確認してください。プリントアウトして使っていただけるように、各項目の後にチェック(□)をつけました。

不動産

遺産にはどのようなものがあるか確認しましょう

遺産にはどのようなものがあるか確認しましょう

1.土地(借地権・地上権などを含む) □

2.建物・構築物 □

■下記の書類から不動産の存在を確認します。
・不動産の登記事項証明書・公図………入手先:法務局
・名寄帳(固定資産税課税台帳)・固定資産税納税通知書………入手先:都税事務所・市区町村役場
・土地賃貸借契約書………手元
 

金融資産

3.現金・小切手 □

4.預貯金 □
手元にある通帳・証書、支店毎の残高証明書(※)などから存在を確認します。貸金庫の有無もチェックします。また相続人の一部が財産を隠匿していそうな場合には、残高証明書をもらう際に、過去のお金の出し入れが分かる取引明細表も取得します。
(※)相続税の申告が必要な人は亡くなった日までの利息も入れてもらいます。

5.有価証券 □
上場株式、国債・地方債・社債・外国債、投資信託、同族会社株式、出資など。銀行・証券会社からの取引残高報告書、配当等の支払通知書などから存在を確認します。未収配当金も忘れずに。

その他

6.自動車 □
車検証から名称・年式を確認します。

7.趣味用品 □
ゴルフ会員権、リゾート会員権、書画骨董、船舶、航空機、競走馬などがあります。

8.社会保険料の戻り □
健康保険料(後期高齢者医療保険料)・介護保険料・高額医療費の戻り

9.家庭用財産・庭園設備 □
家庭用財産とは、家具・電化製品などのことです。庭園設備とは、庭石・庭木のことです。

10.装身具 □
貴金属・宝石などです。名称・材料を確認。

11.電話加入権 □
電話番号を確認します。

>>事業用財産や債務は?