世界三大墳墓「仁徳天皇陵」(大阪・堺)

 

 

堺が誇る世界遺産候補に行ってきました。ギザのピラミッドと秦の始皇帝陵と合わせて世界三大墳墓と言われる仁徳天皇陵は、全長486m、幅305mと世界一のものすごい大きさです。是非時間のある人は自転車でも歩きでも一周してみて下さい。大きさが実感できるとともに、地元の生活感が味わえます。そして一周する間にいくつか小さな古墳があるので発見するのも楽しいです。

今のところ荘厳な空気が感じられるのは、前方後円墳の前方部分の中央にある、橋を渡った先に鳥居が見える砂利敷きの一画だけかもしれません。仁徳陵の大きさを体感した後にここに来れば畏怖の念と疲れで、とても宮内庁の御達しを破ることはできないでしょう。

またこの一画に入ることでのみ外堀の水面を一直線で眺められますので一度は見ることをおすすめします。夏の夕暮れ時には夕日が水面に映える綺麗な眺めをご覧いただけます。

■仁徳天皇陵
住所:大阪府堺市堺区大仙町7
地図:Yahoo!地図情報
アクセス:JR阪和線百舌鳥駅おりて西へ少し歩けば仁徳天皇陵の角に着きます。また前方部の正面のすぐそばには駐車場があるので車で来るのも便利ですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。