グランスタが丸の内にも! JR地下中央通路がショップだらけに

丸の内坂エリア

グランスタ『丸の内坂エリア』。この新エリアがオープンしたことで地下中央通路を通るのがさらに楽しくなります

『ヒトツブ カンロ』のパッケージ

パッケージにこだわったショップも目立ちます

グランスタ 丸の内坂エリアがオープンするのはJR丸の内地下中央口改札入ってすぐ右手。630平方メートルのL字型のスペースに13のショップが軒を連ねています。ここだけの新ショップや、ここでしか買えない限定品が目白押しなのでついつい商品に見入ってしまう人も多く、しばらくはL字スペースに人がぎゅうぎゅうという状態が続くのではないでしょうか。

ちなみに新エリアを過ぎて地下中央通路をまっすぐ進むと、和・洋スイーツ、お弁当・総菜などのショップ50店舗が立ち並ぶグランスタが現れ、その先は八重洲地下中央口改札。つまり今回の新エリアオープンで、東京駅の地下中央通路=(ほぼ)グランスタという構造になったわけです。

丸の内坂エリアのコンセプトは「Daily Happiness!」。東京駅を利用するオフィスワーカーが毎日立ち寄っても新しい発見があるショップ作りを目指したそうですが、通勤客に独占させてしまうのは惜しい、東京土産の宝庫といえるお店だらけです。

次のページでは、グランスタ丸の内坂エリアにしかない新ショップを中心に、東京土産をチェックします